ハチ駆除するなら浜松ハチ駆除専門店にお任せ!

浜松市を中心にハチ駆除業を営んでいます。中間マージンがないからとにかく安い!地元の駆除屋なのでアフターフォローも万全です!

浜松市のハチ駆除屋ブログはじめました!

はじめまして!

 

浜松市中心にハチ駆除を専門に営んでいる浜松ハチ駆除専門店です。

地域密着・適正価格で安い・すぐ駆けつけるをモットーの小さな個人店!

お客さんにハチの事をもっと知ってほしくてブログを書くことにしました!

文書もうまくなく、センスのかけらもないですが

読んでいただけたら嬉しいです(^▽^)/

 人生第一弾のブログの内容は・・・

6月になりハチ駆除屋としては見過ごせない内容にしました!

 

だんだんとハチの活動が活発化してまいりました。

多くのハチは女王バチしか越冬することができないため、

3月~4月頃にふわふわ飛んでいるハチは冬眠から覚めた女王バチです。

f:id:hamamatsu-hachikuzyo:20190608222111j:plain

            ※アシナガバチの女王ばちです

この時期は

・女王バチ自身が生き残る事

・巣の場所を確保する事

・生まれた働きバチの育児を行う事

といった生命活動を第一に活動しています。

 

全ての作業を女王バチ自らおこなっているため、

巣や餌場を守ることよりも自分を守るため防護行動ではなく

退避行動をとるため刺されるリスクは極端に少なくなります。

 

ただし、だんだんと気温が高くなり働きバチが生まれ始め

女王バチが出産のみを行う時期になると状況が一変します。

巣の維持管理や、育児は働きバチに任せればいいので

働きバチがどんどんと生まれてきます(~_~;)

 

このころになると、

蜂の巣としてのコミュニティーができあがり

巣を守らなければと防巣本能が徐々に強くなってきます。

蜂の巣を見ると5cm程の小さい巣でも

常に2~3匹は警戒にあたっている警戒バチが確認できますよね?

この警戒バチが発生し始めるといつ刺されてもおかしくない状況になります。

 

この警戒バチが生まれる時期、巣をどんどん大きくする時期が

6月前後なため段々とハチの発動が活発に感じるようになるというわけです。

数が増えるので目にする機会が増えるという事も多々ありますが・・・

 

5cm以上の大きさや、5匹以上のハチがついている状態での駆除は大変危険です。

少しでも恐怖を感じるようでしたら自分でやるのはリスクがかなり高いです。

嫌だな、怖いなと思われる方はご連絡いただければ最短30分程で伺います!

見積は無料ですので、一度ご連絡ください!

電話でもメールでも受けています!

 

浜松ハチ駆除専門店

TEL:053-570-9410

直通電話:080-2186-7135

mail:hamahachi.senmonten@gmail.com

ホームページ:https://hamamatsu-hachikuzyo.com/